投資信託のメリットは

スーツを着ている男性

投資信託は、運用会社が投資家からお金を集めて資産運用します。
多くの人から多くのお金を集めるので、個人では購入が難しい多くの銘柄数で分散投資ができます。
分散は銘柄数だけでなく、国や株式、債券に分散できます。

個人投資家で1つの株式しか保有していない場合や、その1つの株式の株価が下がってしまった場合などは、資金が減ってしまいます。
しかし、いくつもの株式を保有していれば、1つの銘柄で損失を出しても他の銘柄で利益を出せば、トータルで利益を得ることもできます。
色々な国や株式、債券、数多くのもので分散投資をすることで、リスクを分散しながら資産運用ができるのがメリットです。

株式や債券の個別銘柄を購入する場合は、ある程度まとまったお金が必要となります。
投資信託の場合は、1万円前後と少額から始められます。
少額で購入できるので、同じファンドを時期をずらして購入もできます。
基準価格が下がったら買い増しをして、購入単価を平均して下げることもできます。

時期をずらして購入できることもリスクを抑えられます。
資金を新たに足さなくても、分配金が貰える投資信託なら分配金を自動的に再投資できます。
再投資される場合は、再投資する時の基準価格で購入できます。

また、再投資することによって、資金を新たに足さなくても口数を増やすことができ、その後に分配金を貰う場合は、増えた口数で分配金を貰えます。
再投資をし続けることで、口数をどんどん増やしていけます。

投資信託のメリットとしては、専門家が運用をしているところです。
個人で銘柄選定をして売買のタイミングを見極めるのは大変です。
本業が他にあったり、育児や家事で忙しい場合は、投資にばかり時間を割くのは大変ですし、株式の取引時間中は仕事などで株価がチェックできない人もいます。
投資信託の場合は、株式や債券などで資産運用に必要な知識や手法、経済、金融の知識を身につけた専門家が投資家の代わりに資産運用をします。
投資に必要な情報は、調べれば分かるようになっています。

株式を上場させている企業は、重要な決め事や決算は開示する義務があります。
それをリアルタイムですぐに情報を手に入れるのは個人では大変ですし、ずっとパソコンなどを見て情報収集できません。
専門家ならリアルタイムに情報収集することができ、分析して売買をできます。
ファンドによっては、新興国の株式や債券で資産運用をしている場合があります。

新興国は、今後の経済成長が見込まれており、多くの投資家が投資先として注目をしています。
しかし新興国の株式や債券は、個人では購入しにくくなっています。
国によっては、市場規模の大きさなどから外国人の投資家を規制している国もあります。

ファンドなら、個人では購入しにくい商品でも資産運用できるので、投資先の幅が広がりチャンスも多くなります。
運用会社が資金を集めても、きちんと運用しているか不安になる人もいますが、投資信託は高い透明性があります。
原則として市場が開いている時は、取引価格である基準価格が毎日公表されています。

新聞やインターネットで簡単に基準価格を確認できるので、資産価値や値動きが分かりやすい金融商品です。
投資家から集めた資金なども、決算ごとに監査法人による監査を受けています。
万が一運用会社が倒産をしても、集めた資金がなくなることはありません。

投資信託は、販売会社、運用会社、管理会社に分かれています。
販売会社はファンドを販売する会社で、運用会社は投資家から集めた資金の運用指図を行います。
管理会社は、運用会社が集めた資金を管理して、運用指図に従って商品の売買を行います。
そのため、運用会社とは集めた資金は別管理になっており、運用会社が倒産したら別の運用会社に引き継がれたりします。
運用会社が合併されたり、買収されても同じことです。

関連記事